脂肪吸引で失敗しない >  脂肪細胞とは

脂肪吸引基礎知識-脂肪細胞とは


脂肪細胞は脂肪の分解や合成、蓄積をおこなうところです。
この脂肪細胞の蓄積量が増大すると肥満になるしくみになっているので、
多くの女性が脂肪吸引によって余分な脂肪をとります。

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり、
白色脂肪細胞は大量の脂肪を蓄えたり、中性脂肪としてエネルギーを
体内に貯える作用があります。

年齢が重なるたびに体に脂肪がつきやすくなるのは、
褐色脂肪細胞が減ってくるのが原因です。
そのため脂肪のつきやすくなった女性が脂肪吸引が求めるのです。
女性なら皮下脂肪が過剰になり、下半身にお肉がつきやすくなるからです。

褐色脂肪細胞の働きが鈍くなると基礎代謝が悪くなり、肥満になりやすい
体質になることから脂肪吸引をしたいと考えるようになります。
脂肪細胞の代謝から生活習慣病には気をつけなければいけません。

したがって、褐色細胞を活性化することによってさせると太りにくく
やせやすい体質になります。活性化させるには、寒さから体温を保つこと、
スポーツで例えるなら水泳が脂肪吸引には一番効果的だと言われています。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP