脂肪吸引で失敗しない >  脂肪吸引手術で死亡事故

脂肪吸引施術で死亡事故


脂肪吸引手術はわずか一時間ほどでスリムな体を手に入れることができます。
何ヶ月もダイエットしても痩せなかった。という人にとってすばらしい手術です。
しかし死亡事故も少なからず存在しているのが現実です。
脂肪吸引死亡事故がゼロになったというわけではありませんが、
脂肪吸引手術の知識と経験をもった医師による施術は死亡事故の心配は
ほとんどありませんので、そういった美容外科・クリニックを探しましょう。

カニューレ吸引管で腹膜に穴を開けてしまい腹膜炎死亡した事例もあります。
以前に主婦が多量の脂肪を一度に吸引されて死亡してしまったという
事故が記憶に新しいと思います。
脂肪が血管の中に入ってしまい脂肪塞栓で死亡する事故もあります。
麻酔中の事故が発生したりと、少なからずリスクの伴う手術であることを
脂肪吸引を行う上で理解しておかなければいけません。

大量の脂肪吸引を行ったことで貧血ショックが起こり死亡事故が起きたり、
大量の脂肪を取ることで多量の痛み止め注射を行ったりしたケースがあります。
痛みが広範囲に渡ってしまうと耐え切れずに痛み止め注射を多量に摂取し
痛み止めが原因での死亡事故と考えられます。
脂肪をたくさん取ってくれるならと安易な考えで多量の脂肪を取ることを考えるより、
リスクを最小限に留めた手術を行うように気をつけましょう。
脂肪吸引手術をする前にいろいろな疑問にきちんと答えてくれ、
どのように脂肪吸引するかを細かく説明してくれるような美容外科を選びましょう。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP