脂肪吸引で失敗しない >  脂肪吸引手術のデメリット

脂肪吸引手術のデメリット


脂肪吸引手術デメリットとはなんでしょう。
以下にあげるデメリットとメリットの両方を見て脂肪吸引をするかしないか
判断してくださいね。

脂肪吸引手術は担当医師の腕によって仕上がりに差が出ると言われています。
医師の技術、経験、知識の差によって外見上の凹凸や痛みの影響が考えらます。
脂肪吸引手術中はもちろん麻酔をしていますのでほとんど痛みを感じません。

脂肪吸引手術後の痛みについては一般的に言われてるのが筋肉痛程度です。
しかし、それ以上の痛みを伴う場合が一週間から一ヶ月程度あるようです。
脂肪吸引手術体験談などを見ると動くと痛いなどの症状がある人も多いです。

脂肪吸引手術
美容外科の診療にあたるので健康保険が適用されませんので
費用は安くないということも頭に入れといてください。
脂肪吸引する部位や量、美容外科・クリニックによっても費用は様々ですが
安いからというだけの理由で安易に美容外科を選ばないようにしましょう。
納得の仕上がりにならなかったなどの失敗があったときに後悔しますよ。
無理な脂肪吸引は、脂肪塞栓や静脈血栓をつくる危険性があります。
安い費用で脂肪吸引して、経験や知識の乏しい医師によって脂肪吸引手術をされ
トラブルが起こってしまったら意味がありませんからね。

最後に、脂肪吸引手術をして脂肪細胞は減ってスリムな身体を手に入れることが
できたとしても暴飲暴食を繰り返していたら、いくら脂肪吸引はリバウンドをすることが
ほとんどないといっても太る可能性がでてきます。
無理なダイエットは必要ありませんが運動や規則正しい食生活をすることによって
脂肪吸引後のスリムな体をより理想的な身体にすることができます。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP