脂肪吸引で失敗しない >  チューメセント法

脂肪吸引法|チューメセント法とは


脂肪吸引方法のひとつであるチューメセント法は大量の生理食塩水や
リンゲル液で止血作用や麻酔効果を強くするエピネフリンや局所麻酔薬の
リドカインを薄めた溶液を皮下脂肪に注入してから脂肪吸引する方法です。

この溶液を注入することによって鎮痛効果や大量の出血を抑える効果があります。
また、この溶液が脂肪細胞に吸収され脂肪細胞が膨張しやわらかい状態になり
脂肪吸引しやすくなります。

今まで血管を傷つけてしまい出血量が多く輸血が必要であったり、
脂肪を無理に吸引する(かき出す)ことによって神経を傷つけてしまうような
大怪我につながる場合もあり、脂肪吸引はトラブルも多く失敗したり危険な手術でした。
しかし、チューメセント法が1990年にアメリカで開発されて以降は
一般的に脂肪吸引手術で行われるようになりました。

このチューメセント法と浅層脂肪吸引、超音波脂肪吸引法とを併用すると
効果もアップしますし、安全性が確立されていますので多くの
美容外科・クリニックで使用されている脂肪吸引法です。

脂肪吸引は医師の経験や知識が必要になります。
未熟な医師に脂肪吸引されたことにより失敗してしまった。というような
ことのないように十分に脂肪吸引の経験のある美容外科・クリニックなどを選びましょう。

このチューメセント法が進化した方法がハイパーインフレート法です。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP