脂肪吸引で失敗しない >  クリスクロス法

脂肪吸引法|クリスクロス法とは


脂肪吸引方法のひとつであるクリスクロス法はカニューレといわれる
脂肪吸引専用の太さ2~4ミリの器具を数箇所、脂肪に挿入して
クロスさせるように動かしながら脂肪吸引する方法です。

脂肪吸引には約2~4mmの細い管を使用しますし、しわのある
目立たない部分などから脂肪吸引するので、傷跡が目立ちません。
脂肪吸引は太る原因である脂肪細胞そのものをを吸引するのでリバウンドの
心配も少なく安心して行うことができます。
(暴飲暴食してしまえばリバウンドの可能性はありますよ。)

今まで一箇所からカニューレ管を脂肪に挿入して脂肪吸引していましたが
一つの部位からだと取り残してしまったり、均一に脂肪吸引しにくく
脂肪吸引手術後にでこぼこしてしまったりムラができてしまったりという
欠点がありました。

しかし複数の場所からカニューレ管を挿入しクロスするように
まんべんなく脂肪吸引するという脂肪吸引法クリスクロス法が開発され
取り残しによるデコボコやムラという欠点が解消されました。

複数の部位から脂肪吸引専用管を挿入するということは傷が増えることに
なりますが、上記のように目立たない場所から細い管で脂肪吸引するため
傷跡もほとんど残らないようにすることができます。

このようにクリスクロス法はムラやデコボコという失敗を防ぐ脂肪吸引法です。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP