脂肪吸引で失敗しない >  超音波脂肪吸引法

脂肪吸引法|超音波脂肪吸引法とは


脂肪吸引方法のひとつである超音波脂肪吸引法は従来のカニューレという
脂肪吸引専用の管を脂肪に挿入して脂肪を吸引していく方法に超音波の振動力を
利用するという方法です。

超音波の振動力は脂肪の深部にまで作用し、脂肪細胞を分解し脂肪吸引したい部位の
脂肪を柔らかく吸引しやすく無理なく脂肪吸引することができます。
超音波吸引法により今まで脂肪吸引しにくかった部位もできるようになりました。
また、超音波により皮膚の引き締め効果がありますので脂肪吸引後にたるみも
起こりにくく理想的な身体に近づくことが可能です。

ほとんどの美容外科・クリニックが細い脂肪吸引専用の管を使用しますし、
しわや間接部分の目立たない部分などから脂肪吸引するので、傷跡が目立ちません。
また、超音波吸引法は腫れたり内出血することも少なく術後回復も早いので
身体への負担が少ない脂肪吸引方法となっています。

体外式と体内式の2種類あります。

体内式超音波吸引法
超音波を発する脂肪吸引専用管のカニューレを使用する脂肪吸引法です。
脂肪細胞を超音波の振動で分解しながら吸引していきます。
脂肪吸引手術後の痛みや腫れも少なく回復が早いです。
微妙な量の調整ができムラなく脂肪吸引できますが、時間がかかり
カニューレ管の径が太くなります。
また、吸引した脂肪をバストアップなどの再注入に使用できません。

体外式超音波吸引法
脂肪吸引したい部位に超音波を照射した後に脂肪吸引専用管のカニューレで
脂肪吸引する方法です。
麻酔効果と止血効果のある溶液を注入してから超音波を照射する場合が多いです。
超音波力で脂肪細胞が分解され柔らかくなり脂肪吸引しやすくなります。
脂肪吸引手術後の身体の回復も早く、腫れも痛みもほとんどありません。
ムラなく脂肪吸引することが可能です。
今までは超音波を照射した際に肌に熱傷が起きたりすることもありましたが
医療の技術が進歩した今では最新機器の導入によりそのようなトラブル
ほとんどなくなりました。
吸引した脂肪をバストアップなどの再注入に使用できます。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP