脂肪吸引で失敗しない >  脂肪吸引後のケア

脂肪吸引後のケア


脂肪吸引後のケアはとても大事な事だと知っていましたか?
脂肪吸引をした後のケアで仕上がりを大きく左右するのです。
せっかく高いお金を支払って脂肪吸引してもらったのに、その後のケアを
さぼったせいで仕上がりに満足できなかったのでは意味がありません。

脂肪吸引後のケアとはどういったものなのでしょうか?
まず、脂肪吸引後の一週間(または2~3ヶ月)はガードル(専用プロテクター)で
圧迫して固定します。
これは内出血を防ぎ術後の腫れを最小限に少なくする為です。
次に入浴ですが、タオルで身体を拭く程度にして術後一週間は入浴を控えなければ
いけません。(但し、脂肪吸引手術をした部位に水をかけなければシャワーはOK)

後は「超音波トリートメント」というものがあります。
これは一時的に起こる皮膚の凸凹した状態を超音波の温熱効果と振動で
残った脂肪細胞をより小さく柔らかくし、脂肪吸引の効果を高めると同時に
術後の痛みや腫れを軽減させます。

脂肪吸引後のケアで重要なのはマッサージです。
マッサージは自分で行うものですが、ここで怠るとせっかく脂肪吸引した身体も
キレイな仕上がりになりません。面倒でも続けるようにしてください。

脂肪吸引手術後のケア
については美容外科・クリニックによって期間や方法が
様々ですので、事前に医師の話をしっかり聞いておいてください。
理想のボディラインを作り上げるためには自分自身の努力も必要だという事です。

     
スポンサードリンク

    脂肪吸引で失敗しないTOP